HOME > 卒業生インタビュー > 町田 憲佑さん

卒業生インタビュー

開発・実験

ハンドル角わずか5度。「職人レベル」の追求こそが快適性につながります!

仕事との出会い
昔からバイクが好きで、高校生のときには専門学校という選択肢も考えたのですが、普通の大学に入学しました。
ところが大学ではあまり勉強をしていなくて、このまま大学にいてもどこにも就職できないかもしれないと感じたのと、やはりバイクのことが好きだったので東京工科とのダブルスクールを決めました。
昼は大学、夜は専門学校、夜間はガソリンスタンドでのバイトと、確かに大変でしたが、車やバイクが好きだったからやってこれたと思います。その後、どうせやるならあるものを直すより新しいものの開発がしたいと考えるようになり、この会社を志望しました。現在は主にハンドルの性能や安全性などを評価し、開発する業務を行っています。
仕事の魅力・やりがい
現在は第2車両性能開発部・運動性能試験室に在籍し、操縦安定性・乗り心地の製品開発に従事しています。
私は、パワーステアリングの異音・振動、また耐久性能を含む信頼性向上の業務を担当しています。自動車産業は、ハイテク産業というイメージがありますが、実は五感に頼った微妙な調整が必要であり、「職人の世界」ともいえる部分が多く、実際は職人集団みたいなものです。
お客様に快適で安全な車を提供していくのがこの仕事の醍醐味だと思っています。また、直接お客様の声や雑誌のレビューなどで、私が担当した箇所について具体的にご指摘いただく場合もあり、それらのご意見も励みになっていますね。
今後に向けて
この仕事は地味な部分も多いですが、まだ市場に出ていない車に乗れるので、車に乗るのが好きな人にはとても楽しいと思います。私もこの仕事に就いて本当によかったと思っています。
いま私が配属されているのは、人がとても少ないセクションですが、せっかく他の人がやっていないことを任されているので、自分じゃないとできないことをカタチにしていきたいですね。そうすることで多くの人に頼ってもらえるような人間になっていきたいです。
そして今後もハンドルの性能や使いやすさを追求していき、さらに将来的には車自体の開発にも携わっていきたいと思っています。

町田 憲佑さん

町田 憲佑さん
トヨタテクニカルデベロップメント株式会社 勤務
自動車整備2級科(現 自動車整備科(夜間))
2008年3月卒
「自分の強みはやる気です。」そう語る町田さんには、寡黙な印象の中に芯の強さがにじみ出ていました。
より乗りやすい車のために、決して表には出ない部分にまで、飽くなき探究心を持ち続けます。
入学相談室(通話料無料)
【フリーダイヤル】0120-1969-04 【受付時間】月~金9:00~21:00 [休]土日祝

新宿から中野まで1駅 中野校

渋谷から桜新町まで9分 世田谷校

品川から青物横丁まで1駅 品川校

憧れの先輩は夢への道しるべ

活躍する
卒業生インタビュー
  • 長野教育センター
  • ル・マン参加
  • スーパーGT参加