HOME > 卒業生インタビュー > 川端 正吾さん

卒業生インタビュー

自動車整備士

お客様にとっての最終地点。あえて自分を疑うことでミスを撲滅します。

現在の仕事の内容
お客様の車の点検、車検整備、故障診断がメインです。車の異常/正常を判別した後に、フロントに情報として渡します。基本的には現場での作業になるので、お客様と接するタイミングはあまりないですね。
実際に働くまではチューニングや改造といった作業が多いと思っていましたが、むしろ逆で、国で定められた基準に適合しているかを見るばかり。改造車を車検に通るように普通に戻す作業がほとんどです。車検後には「このまま乗ってください」と伝えますが、おそらくまた元に戻されるんでしょうね(笑)
仕事の魅力・やりがい
入社直後は車検や点検など、ある程度きまった流れの業務を担当していましたが、最近は難しい作業も任してもらえるようになりました。その分、頭を抱えることもありますが、新しい知識や技術を体得できるのはやりがいにつながりますね。
ディーラーは最終地点とも言える所で、お客様は「絶対に直る」という前提でここに車を持ってきます。なので「分かりません」「できません」は通用しない場所。そういった中でお客様の信頼を得られる仕事ができると、すごくうれしいです。
今後に向けて
整備ミスをゼロにすること。そこに尽きます。
そのために僕は自分の作業を信用しないようにしています。「できているだろう」と勝手に想像せずに「ちゃんとやったっけ?」と疑う癖をつけました。
近い目標としては、資格取得ですね。まずは検査員(※)、そして一級自動車整備士も目指しています。
将来的にはフロントに立って営業やセールス業務にも興味があります。現場で工具を持つのはもちろん好きなんですけど、フロントだからといって車から離れるわけではないですし、いろいろな立場から車に携わってみたいですね。

※車検証をつくることができる資格。

川端 正吾さん
株式会社関東マツダ 勤務
自動車整備科/2010年3月卒
在学中の結婚に加えて学園祭の実行委員長、さらには卒業式での総代挨拶から校長賞まで。
「担任の先生の影響が大きい」と話す川端さんは思い出深い学生生活を送ったようです。
入学相談室(通話料無料)
【フリーダイヤル】0120-1969-04 【受付時間】月~金9:00~21:00 [休]土日祝

新宿から中野まで1駅 中野校

渋谷から桜新町まで9分 世田谷校

品川から青物横丁まで1駅 品川校

憧れの先輩は夢への道しるべ

活躍する
卒業生インタビュー
  • 長野教育センター
  • ル・マン参加
  • スーパーGT参加