HOME > 卒業生インタビュー > 阿部 豪気さん

卒業生インタビュー

自動車整備士

整備士は車のお医者さん。最先端の知識と技術で信頼関係を築きます。

仕事との出会い
実は、僕は高校を卒業して普通の大学に入学しました。でもすぐに行かなくなって辞めたんです。その後すこしフラフラしていましたが、やはり将来のことを考えて、何か手に職をつけなければいけないなと思うようになりました。ずっと機械いじりが好きだったし、ちょうど車を買った時で、タイヤ交換をするメカニックの人がかっこよく見えて、自分でも車を触りたい思ったんです。まだ整備士のことはよくわからなかったけれど、複数の専門学校を見に行って東京工科に決めました。
就職先については、当時「今後、軽が伸びるだろう」という考えから、主に軽自動車を扱うダイハツを志望しました。すでにメジャーで一番手の会社に行くよりもまだまだ追う立場でこれから伸びていく会社の方が自分には合うと思ったことも理由の一つです。
仕事の魅力・やりがい
整備士は車にとってのお医者さんですが、我々はダイハツ車にとって常に最高の医者でいなければなりません。ただ人間と違って車はしゃべってくれないので、音や匂い、振動など五感をフル回転させて、患者である車を診る必要があります。
そうして元気になった車を見ると、しゃべらないはずの車が「ありがとう」と言っているようでうれしくなります。
また、ダイハツのユーザーは女性がほとんどなので、修理の内容や見積りの説明もより分かりやすくしなければいけません。たとえば「セルモーターが……」と言っても専門用語に不慣れな女性だと意味が分からず、逆に不安を与えかねません。そういった車に詳しくない方にも喜んでもらえる仕事ができるとうれしいですね。
今後に向けて
一発完治で再修理はさせない。そこには拘(こだわ)りを持っています。
そのために、当たり前のことですが、ボルト1つを扱うにしても手は抜きません。作業が大きくなればなるほど取り外す部品も多くなるので、修理完了後には必ず見直しをするようにしています。後輩が担当した車でも、念のため一通り確認しますね。
あとは納期を守ること。その辺りは、後輩の指導でも厳しく言っています。さらに最近で言うと「アベちゃん、いる?」みたいな感じで、個人的に僕についてくれているお客様も少しずつですが増えてきました。そういう信頼関係を今後もどんどん築いていきたいですね。

阿部 豪気さん
埼玉ダイハツ販売株式会社 勤務
自動車整備科/2005年3月卒
仕事をしながら一級自動車整備士を取得するという離れ業をやってのけた阿部さん。試験の前には自宅にエンジンを持ちこんで実技試験に向けたトレーニングを積んだそう。ダイハツ社の行う全国競技大会でも3位という輝かしい結果を残すなど、充実した整備士ライフを送っているようです。
入学相談室(通話料無料)
【フリーダイヤル】0120-1969-04 【受付時間】月~金9:00~21:00 [休]土日祝

新宿から中野まで1駅 中野校

渋谷から桜新町まで9分 世田谷校

品川から青物横丁まで1駅 品川校

憧れの先輩は夢への道しるべ

活躍する
卒業生インタビュー
  • 長野教育センター
  • ル・マン参加
  • スーパーGT参加