学科紹介

ハーレーダビッドソン専科(自動車整備科2輪コース)【2年制/二級取得課程】職業実践専門課程

カリキュラム
TOPICS
ハーレーダビッドソン提携校
だからできる専門教育
当科では、その名前の通りハーレーダビッドソンのメカニックになるために、 在学期間中に特別なカリキュラムがさらに追加されています。約70 台のハーレーダビッドソンの実習車を使って、 学校の授業だけではなく、ハーレーダビッドソンジャパンやハーレーダビッドソンのトレーニングセンターからトレーナーを招いた授業や、 全世界共通のビデオによるトレーニングも行います。このようにハーレーダビッドソンに特化した勉強をしていることもあり、 当校はハーレーダビッドソンのメカニックとして就職するためにもっとも近道な学校といえるでしょう。
デジタルテクニシャンⅡを
在学中から使用
当科では、「デジタルテクニシャンⅡ」というハーレーダビッドソン専用の外部診断器を使用して様々な授業を行っています。 現在、ハーレーダビッドソンでは全ての車両に電子制御が採用され、 エンジン制御、シャシ制御、ABS等をモジュール(コンピュータ)を使用してコントロールしています。 そのため、車両の情報を確認する時やモジュール内のプログラムの書き換えを行うときなどに、 この「デジタルテクニシャンⅡ」が必要になります。 つまり、現在の車両(ハーレーダビッドソンに限らず)は外部診断器が使用できないと整備ができません。 当校では、この「デジタルテクニシャンⅡ」を在学中から使用することで就職後に即戦力となるメカニックを目指すことができます。
幅広い年齢層や留学生の
友人ができるのも魅力
他の科と大きく違う特長の一つは、幅広い年齢層や留学生などの様々な経験を持った学生が多いことです。 高校・大学卒業後に入学する学生はもちろん、一度社会へ出てから再び学びにくる学生もいます。 ですが、全員の目標はただ一つ、大好きなハーレーに関わる仕事、つまりハーレーのメカニックになることです。 世代を超えて同じ目標を持った仲間たちが、和気あいあいと楽しく学園生活を送っているのが当科の特長だといえます。
Pick Up授業

1年次

車両整備の安全作業
ハーレーを整備するに当たり、様々な工具を使用します。まずは、工具の名称を覚え、使い方を習得します。

富士ブルースカイヘブンへ参加!
日本全国から1,000台以上のハーレーが富士スピードウェイへ集まるハーレー最大のイベントに参加します。会場にはハーレーダビッドソン正規販売店が多数出店しており、そこで働く卒業生の仕事の様子を見学したりします。

車両整備の基本作業
ハーレーを整備する前に、リフトの使い方、基本的な作業、ハーレーの取り回し、および引き起こし等を習得します。

2年次

電子制御燃料噴射装置の整備
1年次には基本的なエンジンを勉強し、2年次には細かい電子制御装置を学習します。もちろんハーレーで!

エンジンの脱着作業
ビッグツインエンジンを車両から脱着します。傷を付けないのは当然、確実でスムーズに行える作業を目指します。

自動車のトラブルシュート
お客様からの問診を通じ、トラブルシュートを行います。2年間勉強してきた結果を発揮する場になります。
入学相談室(通話料無料)
【フリーダイヤル】0120-1969-04 【受付時間】月~金9:00~21:00 [休]土日祝

新宿から中野まで1駅 中野校

渋谷から桜新町まで9分 世田谷校

品川から青物横丁まで1駅 品川校

憧れの先輩は夢への道しるべ

活躍する
卒業生インタビュー
  • 長野教育センター
  • ル・マン参加
  • スーパーGT参加