学科紹介

エンジンメンテナンス科【2年制/二級取得課程】職業実践専門課程

授業紹介

1年

ブレーキの点検作業
自動車の安全性向上や走行性能向上に欠かせない「ブレーキ装置」。その仕組みや点検方法、整備方法などを学び、実際に点検作業や交換作業を通して実践力を養います。

 

 

1年

エンジンの整備作業
一般的な汎用エンジンの分解組立作業を通して、各種部品を実際に手に取って確認し、その構造や部品名称を理解します。さらに作業手順や要領を実践的に学んでいきます。

 

 

1年

2スト二輪車の整備
現在は市販されていない幻のマシンNSR 80を教材に使用し、今は希少となった2ストロークエンジンの構造や特徴、そして整備の要領について実践的に習得します。

 

 

2年

CPUチューニング実験実習
エンジンの燃料は、電子的にコントロールされた燃料噴射が主流となっています。燃料噴射量を決めているコンピュータの中身を変え出力向上につなげるCPU チューニングを学習します。

 

 

2年

TIG溶接実習
自動車はいろいろな材質でつくられていますが、比較的軽い金属であるアルミニウムは軽量化のために多く用いられています。そのアルミニウム工作に必要な特殊溶接技術を学びます。

 

 

2年

ロータリエンジンの分解整備
特殊なサイクルと構造を持つロータリエンジン。実際に始動できるロータリエンジンを使用し、分解から点検・調整、組み立て作業まで行い、その特徴を理解します。

 

 

入学相談室(通話料無料)
【フリーダイヤル】0120-1969-04 【受付時間】月~金9:00~21:00 [休]土日祝

新宿から中野まで1駅 中野校

渋谷から桜新町まで9分 世田谷校

品川から青物横丁まで1駅 品川校

憧れの先輩は夢への道しるべ

活躍する
卒業生インタビュー
  • 長野教育センター