学科紹介

自動車整備科【2年制/二級取得課程】職業実践専門課程

カリキュラム
TOPICS
鈑金塗装やボディリペア
にも対応
当校には、鈑金塗装用の簡易ブースが設置されており、 希望者は2 年次の「鈑金塗装セミナー」「ボディリペアセミナー」「レストアセミナー」「2 輪セミナー」等の選択授業の中で鈑金塗装を学ぶこともできます。 塗装するものの前準備から始まり、鉄板の特性についての学習の後、ハンマと当て金、溶接リングを使っての鈑金作業、 硬化剤やパテの種類・特性についての学習を経て、パテやサフェーサー・溶剤の取り扱いなどの基本的な下地処理を終えて、 最終工程の塗装についての知識を実践の中で学びます。鈑金塗装を学べば、企業のニーズに対応し、就職の幅を広げることにも繋がります。
夢の実現を教職員全員で
バックアップ
当校は教員や職員のアットホームさが自慢です。 「自動車が好き」「自動車について学びたい」「自動車関係の仕事に就きたい」「資格が欲しい」など学生一人ひとりの前向きな気持ちを大事にします。 そんな教員や職員たちの行う授業・指導は非常に熱心です。 全員が理解できるような授業の組み立てや教材の開発・設定などが行われていますが、 それでも理解できない学生に対しても授業終了後や放課後等に、 いつでも質問できるアットホームな環境があります。 他にも人生相談やプライベートな問題など経験豊富な教員がいつでも一緒になって考えてくれます。 当校の放課後、職員室には学生たちの笑顔や笑い声が絶えません。
40年以上の伝統
当科は数ある小山学園の科の中でも一番歴史の長い科です。平成23 年現在で42 年目になり、 卒業生の中には自動車業界で定年を迎えるようなベテランも数多くいます。 そのような時代からの卒業生が自動車系学科だけでも18 , 000 人以上! 自動車に関わる様々な分野の幅広い層で活躍しています。 関東近辺の自動車関係の会社には必ずと言っていいほど先輩卒業生がいるはずです。 東京工科自動車大学校の自動車整備科に入学するということは、同時にそんな数多くの先輩方との繋がりが生まれるということでもあります。 この絆は社会に出てからきっとみなさんの大きな財産になるはずです。
Pick Up授業

1年次

工作・加工作業
自動車整備士や技術者に欠かせない、モノ創りの基本を学びます。実際に金属を設計図通りに作りあげます。

ブレーキの点検整備
安全上、走行性能向上に欠かせない「ブレーキ」のしくみや点検、整備方法等を学び実際に作業をしてみます。

ハイブリッド車の整備
ハイブリッド車を使用して独特な整備方法を習得します。同時に低圧電気取扱いと救急救命の講習も受講します。

2年次

電子制御燃料噴射装置の整備
専用のベンチエンジンを使用し、専用機器でECU信号を解析し、各種センサーやアクチュエータの働きを確認します。

自動車のトラブルシュート
巧妙に様々な不具合を作り出した実習車を相手に、学生自身が故障探求し→原因を探り出し→修理方法を考えます。

自動車検査実習
整備士として点検・検査実務に必要な作業の流れや各種検査機器の扱い方等を習得し活用できるようにします。
入学相談室(通話料無料)
【フリーダイヤル】0120-1969-04 【受付時間】月~金9:00~21:00 [休]土日祝

新宿から中野まで1駅 中野校

渋谷から桜新町まで9分 世田谷校

品川から青物横丁まで1駅 品川校

憧れの先輩は夢への道しるべ

活躍する
卒業生インタビュー
  • 長野教育センター
  • ル・マン参加
  • スーパーGT参加