ホーム > 教育への取組み > 産学連携によるカリキュラム開発
産学連携によるカリキュラム開発

産学連携によるカリキュラム開発

小山学園では、カリキュラム開発力こそが学校の「教育力」であり、「特長」であると考えています。
職業教育を目指す専門学校において、優れたカリキュラムを開発し、実行することは非常に重要な命題です。
時代に即した社会が求める人材を育成するためのカリキュラムを常に実行する必要があります。
そのために、各分野で、産学連携による定期的な「専門部会」を開催しています。
現在はもとより、将来的に社会に求められる人材、必要とされている技術などを、実社会の実践的経験から導くビジョンを、小山学園後援会企業をはじめとした様々な企業にご協力いただき示したうえで、いただいた意見やアドバイスを基に、毎年カリキュラムの見直しをおこなっています。