ホーム > 就職・キャリア > 就職サポートプログラム
就職サポートプログラム

就職サポートプログラム

就職のポイント1:強く、広く、深い将来の道。誇れる実績の理由。

当校では毎年ほぼ100%に近い内定率を維持しています。
さらに、大手企業が内定を決定する8月末までに就職率80%を目指し、多くの学生が希望する就職先に就職しています。
この「希望就職先への就職」が、職場への高い定着率となっています。

» 東京テクニカルカレッジの就職サポートプログラムと就職実績はこちらから

» 東京工科グループの就職サポートプログラムと就職実績はこちらから


就職のポイント2:高い実績を裏付ける理由。就職に強い4つのキーワード!

■ キーワード1:小山学園後援会企業”が、強力バックアップ

38,000 名以上の卒業生たちの活躍が評価され、当学園では現在100 社以上の企業からなる後援会が組織されています。
各科への求人はもちろん、教材や設備の提供からカリキュラムの共同開発、講師の派遣までご協力をいただいております。
特に毎年2月に当学園単独で開催される「小山学園企業説明会」では多大なバックアップをいただいております。
また、支給形式の「奨学金制度(スカラシップ)」も小山学園後援会のバックアップのひとつです。
こうした産業界と一体になって行われる就職指導が、一人ひとりの夢を後押ししているのです。


■ キーワード2:企業側のニーズをおさえた“ 独自性の高いカリキュラム”

当校には、企業から講師やOBを招いたり、企業の人事担当者を招いて業界研究の講演を行ったりと、多くの企業との接点があります。
それらを通じて、企業が求めるスキルや知識をしっかりとおさえ、職場で役立つ人材の育成を重視してカリキュラムを策定しています。
それらを学ぶことで、卒業時には企業側が求める、企業が欲しい人材へとなっていくことができます。


■ キーワード3:“ インターンシップ(企業研修)”の充実

産学連携カリキュラムの一環として、インターンシップを数週間経験することができます。
研修の場では、実際の企業の職場で学び、職場の方や先輩達から直接指導を受けられます。
就職内定者が企業見学に行って、卒業生から「こういう作業を覚えると就職してから有利」といった、具体的なアドバイスをもらえることもあります。


■ キーワード4:コミュニケーション能力”の育成

企業からの要望に応え、基礎知識と専門知識を確実に身につけると同時に、実際の仕事に役立つプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力やマナーの向上に努めています。
また、求人企業個別の社風や人事制度を細かく具体的に伝えるなど、企業と学生との相性を判断するための材料をしっかりと整えていきます。
これらの施策を推進し、職場への高い定着率を目指します。