ホーム > 入学案内・奨学金 > スカラシップQ&A
スカラシップQ&A

スカラシップQ&A

小山学園スカラシップ よくある質問に回答します。

募集人数:20名(全学科対象)

Q.試験日当日はどのような服装で行けばよいのでしょうか?

A.当日は面接があります。高校指定の制服を着用している高校生の方々は、その制服を着用された方が好印象かもしれません。制約はありませんのですっきりとした清潔な服装が望ましいと思います。

Q.スカラシップ生試験に不合格になると、一般入学も不合格になるのですか?

A.スカラシップ生試験は、あくまで“奨学金を受給するのに適した方を選考する”ための試験です。入学試験(推薦・一般)の選考には影響しませんのでご安心下さい。
又、スカラシップ生試験が不合格であっても、成績優秀と認められた方は、小山学園後援会の推薦により、優先的に入学が許可されますので、頑張ってください。

Q.奨学金はいくらですか?卒業後返済しなくてはならないのですか?

A.小山学園後援会スカラシップは、支給形式の奨学金です。支給金額は30万円(夜間課程は15万円)です。この奨学金は後援会企業が出資するものですので、卒業後も返還する必要はありません。

Q.奨学金試験に合格した際、入学後の授業料にあてたいのですが・・・

A.合格後の手続きの際、授業料にあてるかどうかの選択ができます。
[詳しくは入学相談室:TEL(フリーダイヤル)0120-1969-04までお問い合わせ下さい。]

Q.職業適性検査は事前に試験対策をしておいた方が良いでしょうか?

A.職業適性検査とは、職業に対する適性(資質・能力)を持っているかを調べる検査です。特に事前準備をする必要はありませんが、リラックスして試験に臨めるよう体調や気持ちの準備をしておいてください。

Q.作文はどのような内容を書くのでしょうか?

A.作文のテーマは、毎年変更されます。「本学園に進学して何を学びたいか?」、「どんな技術者になりたいか?」、「今までに自分ががんばって取り組んできたこと」などをあらかじめまとめておくといいでしょう。

Q.面接ではどんなことを聞かれるのですか?

A. 面接ではあなたが「本学園で、在学中がんばって学んでいく意欲があるのか?」、「どういう人物像なのか?」等、いくつかの質問をいたします。又、最も大事なのは作文と同様に「どんなことを学び、どんな仕事をやりたいのか?」という、将来の目標がしっかりとしていることです。肩の力を抜いてリラックスして臨みましょう。

Q.大学や短大の卒業見込み者、浪人生、社会人でも受験できますか?

A.できます。

Q.奨学金の使い道は決められているのですか?

A.支給された奨学金の使い道は自由です。学費に充当するのはもちろん、パソコンや参考書を購入したり自己研鑽のために有効に活用しましょう。
小山学園後援会高度教育スカラシップとハーレーダビッドソンジャパンファミリー奨学生は学費充当になります。

Q.まずはスカラシップ生試験を受験してから入学を考えたいのですが・・・

A.大丈夫です。仮に、スカラシップ生試験に不合格となった場合でも成績優秀で他の模範となるような方は、後援会企業から”後援会推薦”により優先的に入学を許可される場合もありますので、がんばってください。

Q.地方に住んでいます。推薦で出願しようと考えていますが、スカラシップ生試験とあわせて2回上京するのは・・・

A.スカラシップ生試験は、小山学園後援会企業による選考試験です。又、入学試験は学校が選考する試験です。よってお手数ですが、スカラシップ生試験と併せて受験される場合は原則として2回の来校となります。
[詳しくは入学相談室:TEL(フリーダイヤル)0120-1969-04までお問い合わせ下さい。]

Q.私は留学生なのですが、日本人学生と一緒に受験しなくてはならないのでしょうか?

A.留学生の方の枠を設けております。受験科目は「職業適性検査」と「日本語」の2教科となります。

Q.他の公的奨学金制度と併用で受給することはできますか?

A.可能です。

Q.大学と併願しようと考えています。スカラシップ生試験を受験できますか?

A.できます。その際スカラシップ生試験合格後、出願手続きの際に本学園所定の「大学・短大・公務員・職業訓練校併願申請書」を一緒に提出すれば大丈夫です。


知りたいことがQ&Aに載っていない際のお問い合わせ先:info@tera-house.ac.jp