ホーム > 入学案内・奨学金 > 奨学金/融資制度
奨学金/融資制度

奨学金/融資制度

学園独自の奨学金、その他奨学金制度、公的教育ローンなどをご案内します。

小山学園後援会(高度教育)スカラシップ・ハーレーダビッドソンジャパンファミリー奨学生・その他制度

1. 小山学園後援会高度教育スカラシップ

学園の教育理念に共鳴する約100社の優良企業からなる小山学園後援会が、より高度な専門教育を希望する学生に対し支給する奨学金です。

免除・支給 授業料全額免除
支給金額 44万円/年(4年間総額:176万円)
支給時期 3月・9月(学費充当:学費請求より免除)
支給方法 学費請求時に減免
募集学科 建築監督科、1級自動車整備科、1級自動車エンジニア科
※スカラシップとの重複受験はできません。
募集人数 若干名
選考方法 学科試験(英語・数学・国語)、作文、面接
出願資格 ① 学園理念を理解し、本学園の4年制学科にて専門分野に対し高い勉学意欲のある者。
② 在学中に学校行事等に積極的に参加すること。
③ TA(teaching assistant)として下級学年のサポートに携わること。
④ 高度専門教育を受け、優良企業に就職後キャリア形成を続け、継続して企業の戦力となり社会へ貢献することができる者。

※ 6月にスカラシップ募集要項を配布予定。試験日程等、詳細についてはそちらをご覧ください。

2. 小山学園後援会スカラシップ(国内生・外国人留学生)

小山学園独自の奨学金制度です。産学連携により一般企業の方々の御厚意で出資していただいている支給形式(返還不要)の奨学金です。

免除・支給 支給
支給金額 30万円(昼間学科の部・留学生の部)15万円(ハーレーダビッドソン専科及び夜間学科の部・留学生は対象外)
募集学科 小山学園に設置されている専門課程全学科(外国人留学生の夜間過程は対象外)
※高度教育スカラシップとの重複受験はできません。
※ハーレーダビッドソンジャパンファミリー奨学生との重複受験はできません。
募集人数 20名(国内生、外国人留学生合わせて)
選考方法 ①日本人 ⑴ 職業適性検査 ⑵ 作文 ⑶ 面接
②留学生 ⑴ 職業適性検査 ⑵ 日本語[日本語能力検定N2レベルの問題] ⑶ 面接
出願資格 以下の条件をすべて満たすものとする。
①専門課程に平成29年度生として入学を希望し、専門分野に対し強固な勤勉意欲のある者。
②本学園の紹介する企業への就職を希望する者。

※ 6月にスカラシップ募集要項を配布予定。試験日程等、詳細についてはそちらをご覧ください。

スカラシップとは    |    スカラシップQ&A

【お問い合せ】
小山学園後援会 スカラシップ事務局 (フリーダイヤル):0120-1969-04


3. 後援会推薦優先入学制度

スカラシップ試験に不合格となった場合でも、専門分野に勉学意欲を持ち、成績・人物共に優秀であると認められた方に対し、小山学園後援会の推薦により優先的に入学が許可される制度です。
(後援会推薦優先入学制度を適用された方は、追って所定の出願手続きをおこなっていただきます。)


4. 小山学園 特待生制度(国内生)(外国人留学生)

小山学園独自の制度で、在校生を対象に学費を一部減免する制度です。在学中、学習意欲旺盛で学校行事にも積極的に参加し、学んだ専門知識をもとに将来社会に貢献しよう、という意欲を持つ他の学生の模範となる学生に対して授業料全額(44万円〜24万円)を免除する制度です。在学中に推薦と面接で選考します。

対象者 小山学園に設置されている専門課程全学科の在校生
募集人数 若干名
減免金額 44万円(44万円を差し引いた額の学費を請求いたします)
選考方法 推薦と面接


5. 企業奨学金制度

小山学園が提携している自動車分野の企業からの奨学金です。企業により内容は異なります。

募集学科 専門学校東京工科自動車大学校各校に設置の各科(2年制および3年制学科)
募集人数 それぞれ若干名
支給金額 年間30万円~60万円

※企業により諸条件が異なります。詳細は入学相談室までお問い合わせください。


6. ハーレーダビッドソンジャパンファミリー奨学生

専門学校 東京工科自動車大学校品川校と提携しているハーレーダビッドソンジャパン株式会社が将来の優秀なハーレーテクニシャンを育てるために出資している奨学金です。カリキュラムや設備、就職受け入れだけでなく、経済的にも学生をサポートしていただいています。

募集学科 専門学校 東京工科自動車大学校品川校 ハーレーダビッドソン専科[自動車整備科2輪コース]
募集人数 若干名
出願資格 平成29年度生として、専門学校東京工科自動車大学校品川校ハーレーダビッドソン専科[自動車整備科2輪コース]への入学を希望し、専門分野に対して強固な勤勉意欲のある者。
支給金額 30万円
選考方法 学科試験(一般常識、ハーレー基礎知識)、作文、面接

※ 6月に奨学金募集要項を配布予定。詳細についてはそちらをご覧ください。


7. 学生寮サポート制度

入学を希望する方の経済的負担を軽減するために、小山学園指定学生寮の入寮費の一部をサポートする制度です。

支給金額 5〜20万円(寮・部屋タイプによって異なります)
支給時期 入寮手続き時
支給方法 入寮費請求時に減免
募集学科 全学科
募集人数 該当者
申請資格 指定学生寮への入寮を希望する者。
審査方法 審査等なし(要事前申請)
申込方法 入寮手続き時に指定学生寮へ申請書類提出
申込時期 入寮手続き時
注意事項・その他 ①退学処分、自主退学(本人死亡は除く)にて途中退寮の場合は全額返金していただきます。
②その他、指定学生寮の諸規定に従っていただきます。

※ 支給金額等は平成28年度生例です。
※ 詳細は入学相談室までお問い合わせください。入学相談室:0120–1969-04


公的な奨学金・融資制度

1. 日本学生支援機構奨学金

学校教育法による専修学校(専門課程)に在学する学生を対象とし、学校長の推薦を受けた申込者について選考のうえ決定します。また、進学にあたり奨学金の採用を考えている方については予約採用制度があります。
高等学校または高等専修学校を平成29年3月に卒業する方、もしくは卒業後2年以内の方で大学・短期大学・専修学校に入学したことのない方は出身学校において予約採用を申請することができます。募集時期については毎年春におこなっていますが、詳しくは出身学校の奨学金担当の先生に確認してください。
平成28年度中に高等学校卒業程度認定試験に合格見込み、または合格の方については、日本学生支援機構が窓口になりますので、日本学生支援機構市ヶ谷事務所(ナビダイヤルTEL.0570-03-7240)にて確認してください。

平成28年2月末現在

在学採用 貸与・支給額 貸与期間 返済の有無
第一種奨学金
(無利子貸与奨学金)
自宅通学者月額:
30,000円、53,000円から選択

自宅外通学者月額:
30,000円、60,000円から選択
平成29年4月より、卒業年次の3月まで 貸与終了6ヶ月経過後「月賦」もしくは「月賦・半年賦併用」
第二種奨学金
(有利子貸与奨学金)
月額:3・5・8・10・12万より任意選択
貸与期間(在学期間)中は無利子
平成29年4月~9月より、卒業年次の3月まで 「月賦(貸与金額により異なる)」もしくは「月賦・半年賦併用」

※貸与利率は、年利3%を上限として最初の奨学金振込月から終期までの月ごとの利率を加重平均した利率が適用されます。

■ 平成19年4月以降に採用された方
平成28年1月に貸与終了した者の第二種奨学金の貸与利率は以下のとおりです。
【基本月額】:(利率固定方式)0.49%(利率見直し方式)0.10%
【増額部分】:(利率固定方式)0.69%(利率見直し方式)0.10%

■ 入学時増額貸与奨学金:10万円、20万円、30万円、40万円、50万円から選択

【第二種奨学金の利率の算定方法】
平成19年度以降、第二種奨学金を受ける方の利便性をさらに高めるため、新たに貸与を受けようとする方より、第二種奨学金の利率の算定方法として、(1)利率固定方式及び(2)利率見直し方式のうち、申し込む方が選択する利率選択制が導入されました。
「利率の算定方法」は、第二種奨学金を申し込む際に選択します。選択した「利率の算定方法」は、貸与期間が終了する年度の一定期間前まで変更することができます。
(1)「 利率固定方式」
貸与終了時に決定した利率が返還完了まで適用されます。
将来、市場金利が上昇した場合も、返還利率は変動しません。
一方、市場金利が下降した場合も、返還利率は変動しません。
(2)「 利率見直し方式」
返還期間中、おおむね5年ごと(返還の期限を猶予されている期間を除く。)に見直された利率が適用されます。
将来、市場金利が上昇した場合は、貸与終了時の利率より高い利率が適用されます。
一方、市場金利が下降した場合は、貸与終了時の利率より低い利率が適用されます。
(1)(2)よりいずれか一方を選択します。

【お問い合わせ】
日本学生支援機構奨学金HP:http://www.jasso.go.jp/


2.財団法人東京都私学財団東京都育英資金

東京都育英資金は、都内に住所を有し、都内の専修学校(専門課程)に在学する方を対象とした奨学金(貸付金)です。

平成28年2月末現在

貸与・支給額 最長返済期間・貸付総額 返済の有無
月額:53,000円
×12ヶ月×修業年限
2年制:13年/1,272,000円
3年制:14年/1,908,000円
4年制:15年/2,544,000円
貸与終了6ヶ月経過後、「年賦」もしくは「半年賦」(7月及び12月)

※東京都に保護者および本人が在住していることが資格条件となります。

【お問い合わせ】
財団法人東京都私学財団育英資金担当 (TEL):03-5206-7929
東京都育英資金 (HP):http://www.shigaku-tokyo.or.jp/


3. 国の教育ローン(日本政策金融公庫 国民生活事業)

本学園の入学者、在学者およびその保護者の方は、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」を利用することができます。入学前に初年度納入金額(または入学納入金)を用意することができ、志望校が決まり受験、合格すれば入学金を支払う前に必要な資金が振り込まれます。

融資額 350万円以内(学生生徒1人あたり)
利率 年2.05%(平成28年2月1日現在)
返済期間 15年以内(在学期間、元金の据置ができます)
使いみち 入学金、授業料、教科書代、アパートの敷金・家賃など
返済方法 毎月元利均等返済(ボーナス時増額返済も可能です)
保証 (公財)教育資金融資保証基金の保証または連帯保証人(1名以上)

※世帯の年収が子供の人数により790万円〜1,190万円以内(事業所得者については590万円〜960万円以内)の方が対象です。
※詳しくは、日本政策金融公庫の各支店、または最寄りの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協)までお問い合わせください。

【お問い合わせ】
日本政策金融公庫 教育ローンコールセンター:TEL 0570-008656
日本政策金融公庫(HP):http://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html


4.ろうきん(中央労働金庫)「教育ローン」

「ろうきん」という名称で知られる労働金庫です。教育ローンは組合員を中心としていますが、一般労働者も融資を受けることができます。詳細は各支店により異なりますのでご確認ください。中央労働金庫の場合:借入金額・最高1,000万円。平成28年2月1日現在の固定金利2.2〜2.7%(別途保証料1.2%が必要)。返済・最長15年。

【お問い合わせ】
中央ろうきん (フリーダイヤル):0120-86-6956
中央ろうきん (HP):http://chuo.rokin.com/loan/edu_loan/


5.JAバンク(農協)「教育ローン」

農協の組合員を中心に融資を実施。借入金額500万円以内。
内容については各JAにより多少異なりますので最寄りのJA事業所にてご確認ください。
【平成28年2月1日現在の金利の一例】変動金利:2.10%・固定金利:2.25%。

【お問い合わせ】
JAバンク (HP):http://www.jabank.org/loan/kyoiku/


6.その他の奨学金

各都道府県・各市区町村で、独自の奨学金制度をおこなっている場合があります。詳しくは在住する各都道府県・各市区町村へ直接お問い合わせください。


7.その他の学費クレジット

本学園ではオリコ(株式会社オリエントコーポレーション)、ジャックス(株式会社ジャックス)、セディナ(株式会社セディナ)と提携し、学費の長期分割払いが可能な学費クレジットをご用意しています。詳しくは下記までお問い合わせください。金利3.60%(昨年度例)

【お問い合わせ】
オリコ:0120–517–325
ジャックス:0120–338–817
セディナ:0120–686–909